治験・健康ブログ|WCCT
Facebook Instagram Twitter Youtube

不眠症(睡眠障害)の原因と治す方法

日々ストレスにさらされる中で、不眠症(睡眠障害)で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そもそも不眠症(睡眠障害)とはいったい何なのでしょうか?この記事では不眠症(睡眠障害)の原因や治す方法、うつ病との関連性について解説します。

不眠症(睡眠障害)とは?

不眠症とは、寝つきが悪い、夜中や朝早くに目が覚める、ずっと寝不足ですっきりしない感じが1か月以上続く状態です。たまに不眠を経験する人は約30~50%もいます。よくある症状ですが、重大な事故や病気につながることもあるので、早めに対応することを心掛けましょう。

不眠症の原因

不眠症とは、寝つきが悪い、夜中や朝早くに目が覚める、ずっと寝不足ですっきりしない感じが1か月以上続く状態です。たまに不眠を経験する人は約30~50%もいます。よくある症状ですが、重大な事故や病気につながることもあるので、早めに対応することを心掛けましょう。

不眠症の原因

不眠症の一般的な原因は、次のようなものがあげられます。

①睡眠にとって良くない生活習慣
夕方以降にコーヒーを飲む、深夜に運動をする、寝る前にスマートフォンを見る、就寝・起床時刻が不規則といった行動は睡眠の質を低下させます。夜勤も睡眠リズムが崩れる原因です。

②ストレスや強い不安
環境の大きな変化といったストレスや不安は不眠の原因となります。早く寝なければと焦るほど、余計眠れなくなるといった悪循環を招きがちです。

③睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの病気が隠れている
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)では、睡眠中に舌が喉の奥に沈み込んで正常な呼吸を妨げます。質の良い睡眠が取れず強い眠気や疲労感が続きます。大きないびきも特徴です。気になる方は早めの受診をおすすめします。

不眠症が続くとうつ病になる可能性がある

不眠症が続くと、うつ病になる可能性があることが明らかになってきました。また、うつ病の方は不眠を訴えるケースが多く、不眠症とうつ病は深い関係にあります。うつ病による不眠は、睡眠薬だけでは十分に改善できません。専門医を受診して、適切な治療を受けましょう。

まとめ

現代は5人に1人が悩む不眠症は、だれにでも起こりえる症状です。不眠は、ずっと眠い状態やイライラが続き、うつ病や大きな事故の原因となる可能性があります。軽いうちに対応して、ぐっすりと眠れる日々を取り戻しましょう。

参考HP

https://www.one-tab.com/page/kXmDbPDgTHaTDLAhz4t16w

 

治験参加者募集中!

現在募集中の治験

Start typing and press Enter to search