治験・健康ブログ|WCCT
Facebook Instagram Twitter Youtube

喉(のど) の痛みや喉が腫れる原因、治し方

この記事では、喉の痛み・喉の違和感・イガイガといった症状の原因と治し方を解説しています。喉の痛み・喉の違和感・イガイガといった症状で悩まれている方はぜひ参考にしてください。扁桃腺が腫れる原因や治し方についてもご案内しています。

喉が腫れる原因

喉の違和感といえば、風邪をひいたときのイガイガ感が思い浮かぶように、ウイルス感染は代表的な原因です。喉の腫れや痛みはそのほかにも、乾燥、寒さ、辛い料理・アルコール・タバコなどの刺激物、喉の酷使(大声で叫ぶ、長い時間歌う)などによっても起こります。

喉の痛みから考えられる病気

喉が痛い時、「風邪かな?」と思う方が多いのではないでしょうか?喉の痛みは風邪以外の病気に原因があることもあります。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ハウスダストや花粉などを排除する反応が過剰に起きる鼻炎です。透明のサラサラした鼻水が喉の方に流れ、それが刺激になって咳(せき)が引き起こされ、喉を傷めることもあります。

副鼻腔炎

副鼻腔という場所がウイルスや細菌によって炎症がおこります。鼻が詰まり口呼吸となるので、喉が乾燥して痛みを引き起こすことがあります。鼻水はアレルギー性鼻炎に比べ粘度が高く、喉に流れたときに強い不快感があります。

扁桃炎

扁桃腺がウイルスや細菌に感染して強い痛みを引き起こします。話すことや、ものを飲み込むことすらつらくなります。38℃以上の発熱、首の痛み、全身の疲れなどを伴います。炎症が慢性化すると膿(うみ)がたまり、口臭の原因となることもあります。

声帯炎

大声などで喉を酷使すると、声を出す器官である声帯が充血・炎症を起こします。声帯が正常に働けないので声がかすれたり、かれたりします。そのほか、風邪やタバコなどでも炎症が起きます。できるだけ声を出さず、声帯を休ませましょう。

ポリープ・良性腫瘍

声帯炎が慢性化するとポリープという良性のふくらみができます。声がかすれ、上手に声が出せないので疲れを感じる場合もあります。自然に治らない場合は手術が必要です。再発を防ぐために、正しい声の出し方を心がけましょう。

喉の痛みや違和感、イガイガといった症状を治す方法

耳鼻科に行く

激しい痛みや高熱など他の強い症状を伴う場合は、すみやかに受診して適切な治療を受けましょう。

市販薬を買う

アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は痛みや発熱を軽くしてくれます。アメリカでは喉の痛みには「Sore Throat Lozenges(のどあめ)」が主流です。

喉が痛いときにおすすめの食べ物

喉が痛いときは、刺激が少なく体を潤してくれる食材がおすすめです。

・大根、れんこん、豆腐、はちみつ、バナナ

痛みで飲み込むのがつらいときは、熟れたバナナとはちみつを入れたヨーグルトを少しずつ試してみてください。風邪のひき初めには白菜、大根、豆腐のシンプルな鍋を。体を温め、肺を元気づけます。

 

まとめ

喉は風邪、乾燥、使いすぎなどで傷みやすいデリケートな場所です。調子が悪いな、と気づいたらタバコやアルコールは控え、加湿して休めてあげましょう。

参考HP, 参考書籍

https://www.one-tab.com/page/kXmDbPDgTHaTDLAhz4t16w

CoCo美漢方 田中の 12か月のおいしい漢方~日々の食事で不調を改善~

https://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594083632

治験参加者募集中!

Start typing and press Enter to search